比較してみると何が分かる?増築と改築

増築と改築

家のリフォームを請け負う業者は全国に数多く存在します。

だからこそ家の増築や改築を行おうと決断した時に知っておきたい考えるとが、一部屋あたりの相場でしょう。

平均的な費用を理解しておけば、業者に価格を提示された時にそれが妥当であるかどうかを瞬時に理解することができます。良心的かつ優れた業者を選ぶ上でも役立つ重要な知識です。

しかし実際に価格について調べてみると、1部屋あたりの相場というよりは、どの程度の大きさの部屋を増築するかによって費用が分かるのが分かります。おおまかなところでは一坪あたり50万円程度が相場となっており、例えば6畳の部屋を増築あるいは改築するのであれば必要最低限150万になる計算です。

ただ忘れてはいけないのは、これはあくまでも何もない部屋を作る場合の相場という点でしょう。

増築や改築を検討している部屋にトイレやお風呂などの水回り機能を設置するのなら、部屋の工事費の他に水回りの改修費用も上乗せされることになります。また増やす部屋を1階にするか2階にするかによっても、値段が変わる傾向があります。

何故かというと1階は地面が近いため特に問題ないケースが多いですが、2階の増築や改築は家の1階にかかる重さが変化するためです。そのため場合によっては補強工事などから開始しなければならないこともあり、その分の費用が発生する可能性がでてきます。

つまり一部屋あたりの相場は坪単位で存在しますが、様々な状況で大きく変化するのが現状です。安く増築や改築を行いたい時は、いかにして必要最低限の費用以外の負担分を減らせるかが鍵となるでしょう。





INFORMATION

 
比較してみると何が分かる?増築と改築
 
 

 

ページのトップへ戻る