比較してみると何が分かる?増築と改築

増築と改築

住宅の増築や改築においては、業者に依頼をし、見積り価格を確認した上で契約を行い着工をすることになります。この場合、認識が必要となるのは、見積書提出の形式がそれぞれの業者によって異なる点があり、業者によっては、大雑把は表現方法を用いる場合もあるために注意が必要となります。

官公庁に関しては、大項目となる内訳書から内訳明細書まで概ね形態が決まっていますが、民間の場合には、内訳明細書の添付を行わず、一式計上としているところもあり、この場合には工事範囲の確定をすることができず、トラブルの原因にもなってしまいます。


通常、費用の算出に関しては、仮設工事から始まり、土工事、コンクリート工事、型枠工事などと対象となる大項目の工事内容を記載し、その中で、図面等を元にして数量の拾い出しが行われ、金額が計上されることになります。


設計事務所が行われる見積り形態では多く利用されており、規模が大きい場合には、共通仮設費、諸経費が加算され工事の総額が算出されます。大手施工業者の場合には、これまでのデータから算出をする方法も用いられており、この場合には、床㎡に対していくらというように簡単な方法で提出が行われている場合もあります。

住宅の増築や改築においては、一般的には事前に図面や模型、パソコンの画像を利用して打合せを行い決定をするために、よほどのことが無い限り、大幅な変更が起きることはありません。

しかし、依頼主によっては、予算の関係から一部屋を取りやめる場合も考えられ、この場合には、拾い出しをした数量がバックアップとして残っているために、再計算を行うことで改めて総額が提示されることになります。











INFORMATION

 
比較してみると何が分かる?増築と改築
 
 

 

ページのトップへ戻る